研修室

研修室
室長 鈴木 大輔

室の背景

北九州JCは1953年に小倉青年会議所として発足して以来、個人の修練・社会への奉仕・世界との友情を3信条に「前向きな行動力とお互いを支え合う心の大切さ」という創始の精神のもと、運動を行ってきました。会員減少傾向が続く中、新しく入会してきたメンバーには、先人たちが作り上げてきた信頼と付託を継承し、北九州JCへの帰属意識を醸成することによって、未来の北九州JCを背負う実力と精神性を育む必要があります。

事業計画

先人たちが作りあげきた運動である、わっしょい百万夏まつり、到津の森公園の支援活動等の歴史を学び、北九州JCの運動の本質がわかるような研修を年間通じて行います。研修では、JCIクリードやJC用語等基礎的な知識の他、個人の修練・社会への奉仕・世界との友情というJCの3信条に「前向きな行動力とお互いを支え合う心の大切さ」という創始の精神のもと、新入会メンバーが運動の本質を理解した上で、当事者意識をもって事業実施ができるようなカリキュラムを作成します。また、先輩方との交流を大切にし、「活きた歴史」を体感することで、北九州JCへの理解を深めます。さらに、他委員会の事業にも積極的に参加し、「自分は北九州JCという素晴らしい団体の一員なのだ」という、北九州JCへの誇りと帰属意識を醸成します。本年度終了時には、新入会メンバーを「明るい豊かな社会」の実現のため、真に地域から必要とされる人材へと成長させます。

未来のビジョン

北九州JCは、私たちメンバーに対し、様々な「自己研鑽の機会」を与えてくれます。新入会員として北九州JCに所属し、1年間を通じて様々な研修カリキュラムを経験し、アカデミーを卒業したメンバーは、「私は北九州JCの一員」なんだという高い帰属意識のもと、喜びも苦しみも分かり合える仲間と共に、創始の精神を胸に北九州JCの未来を背負い、利他の精神で地域の明るい未来に直結する運動を行い続けると確信しております。

アカデミー研修委員会

アカデミー研修委員会
委員長 永吉 大祐

委員会の背景

北九州JCは、青年会議所の基本方針である「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」の3信条に「明るい豊かな社会の実現」という創始の精神のもと65年間運動を行ってまいりました。入会して間もないメンバーが所属する当委員会は、JC3信条の本質を学び、公共性の高い事業の実践と、先人たちが作り上げてきた65年間の歴史を受け継ぎ、理解を深めながら、JAYCEEとしての帰属意識と誇りを育む必要があります。

事業計画

「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」の3信条をもとに、「明るい豊かな社会の実現」を目指すことを理解していただきます。今まで先人たちが作り上げてきた65年間の歴史やアカデミー委員会が行ってきた創始の精神である「わっしょい百万夏まつり」「祇園太鼓像清掃」「到津の森公園支援」事業がどのような背景で始まり、どのような目的で行われてきたかを学んでいきます。アカデミー研修では、JCIクリード・JC用語等基礎的な知識を学び、JAYCEEとしての心構えや知識をしっかりと伝えることで、北九州JCへの理解を深めます。そして、地域に必要とされる北九州JCであり続けるために、アカデミーメンバー一人ひとりが、他委員会が行う事業、各種大会に利他の精神で参画し、自己研鑽の機会を与えてくれるJC活動を通じて、北九州JCの持つ組織としての魅力を認識させることで帰属意識と誇りを育みます。

未来のビジョン

1年間の研修を通して、「自己研鑽の機会」を与えます。そうすることにより、メンバー同士が友情を深めることでお互いを支えあう心の大切さを養い、前向きな行動力と強い団結力が生まれ、JC活動の素晴らしさを理解できます。アカデミー研修委員会を卒業したメンバーは、「私は北九州JCの一員なのだ」という帰属意識と誇り持つことができ、「明るい豊かな社会」を実現できる確かなリーダーに成長することを確信しています。

未分類