共鳴力向上実践室

共鳴力向上実践室
室長 広瀬 建策

室の背景

市民変革運動の旗手として北九州JCは、「明るい豊かな社会の実現」に向け、地域の抱えている課題や問題を的確に捉え運動を大きく展開してきました。素晴らしい運動をしていてもそこに住む市民から共感を得られなくては自己満足で終わります。また、会員数の減少からくる活動の縮小化が迫られており、再び地域にインパクトのある事業を展開して行くには、多くの同志が集い長期的展望を考えた力強い組織に進化する必要があります。

事業計画

共鳴力向上実践室では、活動を大きく対内、対外に発信する広報とJC運動をともに邁進する同志を増やす会員拡大を担います。広報を行う共感デザイン構築委員会では、これまでの広報戦略を検証し、素早く広域に発信できるSNSや、より効果的な発信方法を模索して、対内外ともに北九州青年会議所の活動や魅力を発信していきます。会員拡大を行うJAYCEE拡大、開拓委員会は、対内として会員数の減少の危機感をメンバーに周知し会員拡大の重要性、アプローチの仕方などを拡大推進会議や会議を個別に開催しメンバー全員に意識の向上を促します。対外として、JCの事を知ってもらう為に参加し易い企画を開催し、厳格かつ楽しんで頂きながらコミュニケーションの場を作り、青年会議所運動を知っていただきます。また、拡大例会を2回開催して多くの参加者を募り、大物講師等の会員のメリットやJCのビジョンを知って頂く機会を作り多くの同志を発掘します。

未来のビジョン

高き会員の増大は、活動においても基盤となり、組織の強化やスケールメリットを活かした幅広く大きな運動へと繋がっていきます。また、その活動を広く発信し続けることで信頼が生まれ、地域とそこに住まう人々と心が共鳴する関係性が構築されます。そして、市民から共感される魅力的な組織となり、北九州青年会議所が起点となって、「明るい豊かな社会の実現」に向け、希望に満ち溢れた北九州市へ繋がっていくと確信します。

JAYCEE拡大委員会

JAYCEE拡大委員会
委員長 岡村 廣之進

委員会の背景

我々は、地域とそこに住まう人々の繁栄を願って意識変革運動をしています。しかし近年、不透明な社会状況による影響で運動の基盤である会員数の減少に悩まされております。これからも再び強い組織として運動を続けていくためには、LOMメンバー全員の会員拡大意識を今一度高めてもらい、市民から信頼される魅力ある団体のメンバーとして、一人ひとりが自分たちの運動に誇りを持って会員拡大運動を取り組んでいく事が必要です。

事業計画

JAYCEE拡大委員会では、対内的な拡大活動に重点を置き、仮入会数増加に努めます。より多くの仮入会者の紹介と新入会者を獲得するには、全メンバーに会員数減少の危機感を周知し、会員拡大活動の重要さを認識してもらう必要があり、対内的拡大意識向上セミナーを行います。これによりメンバーの会員拡大意識を高め、LOMの運動とビジョンを広く地域に発信する素地を養い、未入会者へアプローチする礎とします。そこで培ったアプローチ力で仮入会者参加促進を依頼します。JAYCEE開拓委員会と連携する拡大戦略会議では、拡大手法の伝達および確立、委員会別仮入会および新入会者状況の確認、Jコンの企画を行います。委員会ごとに拡大についての情報を共有する機会も設け、しっかりと各委員会をフォローすることでメンバーの拡大意識を高く保ちます。なお、入会書類に関する庶務、入会面接および入会審査会の設営を当委員会で受け持ちます。

未来のビジョン

会員が危機感と志を持ち、正確に北九州JCの想いを伝えることができるとき、北九州JCは車輪の中心であるなくてはならないパーツになります。会員が増大することは、本気の同志が集う組織となり、明るい豊かな未来の原動力となります。また、その力が地域と、地域住民との繋がりを創り出し、その繋がりに真に共鳴したとき、自然と北九州青年会議所が地域を巻き込む大きなハブとなり、明るい豊かな社会の実現に向かって走りだします。

JAYCEE開拓委員会

JAYCEE開拓委員会
委員長 西川 弘志

委員会の背景

北九州青年会議所は「修練」「奉仕」「友情」の三信条を基盤に活動し、地域のリーダーとして運動を続けてきました。40歳で卒業を迎えるというシステムは常に新しい血が通い情熱的な組織となる反面、新たな人材を常に必要とします。近年、人材不足によるJC運動の縮小化が迫られており重大な問題とされています。LOMメンバー全員が会員拡大の重要性を理解し、JC運動への取り組みを見直す必要があります。より多くの人材を、組織を強く形成し未来へ繋げる必要があります。

事業計画

JAYCEE開拓委員会では前年から引き継いだ仮入会者情報や企業情報をもとに拡大活動を行うと同時にLOMメンバー全員がJCの存在意義や人材不足の重要性を理解し、会員拡大に対し意識向上を目的とした個別の目標設定や状況確認を行い、人材発掘に努めます。また身近な企業やOB等色、様々な角度からの情報収集、さらに異業種交流会や名刺交換会等へ積極的に参加し新たな情報元をもとにJCの魅力を伝えていきます。また従来のJコンに加えてランチJコンやJ女子会行い、JCを伝える幅を広げ、多方面からの人材に対し、メンバーとのコミュニケーションを図る場を設け、現在活躍しているメンバーやJCを卒業し、経験が豊富なOBの方の話を聞き、JCの魅力を伝えます。担当する拡大例会では多くの仮入会者が集うよう知名度のある講師を呼び会員のメリットや例会での青年経済人としての振る舞いを見て頂く機会とし入会へと繋げていきます。

未来のビジョン

志高く同じ方向性を持つ人材は組織を強く、事業や活動を大きくします。より市民や地域から必要とされることで人材が集まる組織が生まれ、市民との関係が構築されます。JAYCEEとして自身の魅力を向上させ、多くのメンバーガ身近な存在に対し胸を張ってJCを語れることでJCを魅力に感じ期待に胸を膨らませた未来のリーダーが自然と集う、これこそがJC組織の永続であり「明るい未来の実現」に向かっていくと確信します。

共感デザイン構築委員会

共感デザイン構築委員会
委員長 山家 勉

委員会の背景

北九州青年会議所は、1953年に創立されて以来、「明るい豊かな社会」の実現の為に、市民意識変革運動を率先して展開してきました。しかし我々の住む地域の人々に理念や運動を理解してもらい、共感を得ないと自己満足の運動で終わってしまいます。市民と心が共鳴する関係性を構築するには、LOMの目指す方向性を理解し、さらに個人の持つ魅力をLOMへと昇華させて、対内、対外に理解される魅力ある組織がとなる必要があります。

事業計画

共感デザイン構築委員会では、最初に、2017年度の北九州青年会議所の運動をデザイン(シンボルマーク)し表現する為に、VI(ヴィジュアルアイデンティティ)の作成をします。北九州JCの事業活動の情報発信を対内対外に向け広報活動を力強く行っていく為これまでの広報委員会で行ってきたことをゼロベースで考え、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。広報活動を通して、いままでの広報戦略をさらに進化させ、最先端の技術を駆使することにより、よりグローバルでスピード感を持つことによって、SNSを使用しリアルタイムで、発信していきます。メンバーの活動をサポートしつつ、共感を得る情報発信を心がけます。紙ベースの広報媒体として、前年度に行った運動と、次年度の運営方針をまとめたアニュアルレポートの作成し、外部諸団体に配布して、対外的に、北九州青年会議所の市民意識変革運動を浸透させていきます。

未来のビジョン

共感デザイン構築委員会では、北九州青年会議所の行う市民意識変革運動を対内対外に、しっかり情報発信することにより、効果的かつ戦略的にメンバーに周知され、響きあう関係が構築されることを確信しています。「明るい豊かな社会」の実現に向けて、LOMの運動の情報発信をすることにより、より強固な組織運営を実現することができ、この街の可能性を飛躍的に上げることができると強く確信しています。

未分類