例会室

例会室
室長 松村 圭一郎

室の背景

全会員が一堂に会し、LOMの方向性を確認し学びを深める場として例会があります。また新型コロナウイルスによって、私たちの生活や社業は大きな変化が求められています。私たちは今日よりも明日、明日よりも明後日、確実に自己を成長させ、この混とんとした社会に立ち向かっていかなければなりません。メンバー同士の交流をもって気づきを得て、学びの提供をもって知識を深め、自己を確実に成長させる場が求められています。

事業計画

全会員が一堂に会し、LOMの方向性を確認し学びを深める場として例会があります。また新型コロナウイルスにより、私たちの生活や社業は大きな変化が求められています。今年度は、これまで培ってきたメンバー同士の交流の場、学びの場を提供する例会運営ノウハウを生かし、自己を確実に成長させる場としての例会を確立します。また新型コロナウイルスの影響下で多くのメンバーや市民を巻き込む場の提供となるため、感染防止を優先事項とし、安心して交流ができる新しい形の例会を模索していきます。開催においては、思いやる心を醸成し、挑戦的な青年経済人の発掘、地元企業の連携、友情を大切にした国際交流、これからの時代に立ち向かっていくための青年経済人としての在りかたを学ぶ企画を行っていきます。以上を通して、メンバーの成長を促し、まちが思いやりに溢れ、明るい未来に繋がる例会を作り上げ、今後の例会運営の指標となる事業構築を行います。

未来のビジョン

生活の在りかた、事業の在りかた、企業の在りかた、すべての在りかたが大きく見直され変化を求められる時代です。この時代に北九州JCとしてどう向き合うのか。交流と学びの場の提供を行う例会がどうあるべきなのか。新しい時代に適応し、メンバー一人ひとりが自分ではない誰かのために、能動的に動ける人材へとさらに成長し、思いやりの心が溢れる明るい未来を切り拓く、新生北九州JCの実現を目指します。

例会室
副室長 下田 雄太

室の背景

北九州JCメンバーが一堂に会し、理事長挨拶を聞き、LOMの方向性を確認し、共通のコンテンツを通じて学びを深め共有できる場として例会があります。新型コロナウイルスによって、メンバーを取り巻く環境や課題も急激に変化し、今の時代に合った学びを提供する必要があります。またJC運動の機会が減少し、メンバー間の交流も減っています。メンバーの交流を通じてLOMの絆を改めて構築する必要があります。

事業計画

例会は、毎月、LOMの方向性を確認し、共通のコンテンツを学びとして全メンバーが共有できる機会です。その学びのコンテンツは、新型コロナウィルスによって大きく変化した今の時代にマッチしたものでないといけません。メンバー一人ひとりが考え、話し合いメンバー同士の交流が持てるような新たなまちの課題にスポットをあて、自己の確実な成長につながる機会を提供します。第一エリア合同例会では第一エリアのLOMを知り、他LOMのメンバーとの交流を通じて、北九州JCのLOMの絆、そして第一エリアのパートナーシップをさらに強固なものとする合同例会を開催します。今まで様々な手法の例会が行われてきましたが北九州JCメンバー間の交流の機会を最大限活かせるような手法の例会を検討します。年間を通じて厳格かつ円滑にそして、「ウィズコロナ」に対応した例会を行うための指標を示し、「学び」と「交流」が安心して行える例会を作ります。

未来のビジョン

LOMが一つにまとまり、メンバー全員が意識を共有し、「学び」通じた同じ方向へ進んでいくために例会は欠かすことのできない根幹を担う事業です。全メンバーが集う厳格な例会を積み重ね、「学び」と「交流」重ねていくことで、個人の成長につながり強い組織に発展します。また他者を思い、まちを思い、思いやりにあふれた多くの青年経済人が増えることで、北九州の明るい豊かな社会への実現に近づくと確信しています。

例会委員会

例会委員会
委員長 森尾 泰之

委員会の背景

毎月おこなわれる例会は、理事長挨拶を聞くことでLOMの方向性を確認する場であり、また、JAYCEEとしての資質醸成、青年経済人としてのメンバー一人ひとりの確実な成長をはかれる場、そしてメンバー同士の交流をつうじて、LOMの強い絆を構築できる場でもあります。例会委員会はLOMの全メンバーが参加したいと思えるようなテーマを持った企画を行い、学びある例会の開催を目指す必要があります。

事業計画

毎月行われる例会において、理事長あいさつによってLOMの方向性を共有し、メンバー一人ひとりが自己の確実な成長につながるよう理事長所信に基づいたテーマや企画、または講師を選定し、メンバー同士が交流をもてる価値ある例会を運営します。第一エリア合同例会では他LOMのメンバーと連絡を取り合い、第一エリアのパートナーシップをさらに強固なものとする合同例会を開催します。また、北九州JCの活動や魅力を広く知っていただくために、市民公開例会では適切な講師を選定し、広報を活用することで一人でも多くの市民の方々にお越しいただけるよう取り組みます。厳格かつ円滑に例会を行うために、他委員会との連携やリハーサルなどしっかりとした準備を行い、LOM全体の情報の共有と組織力向上に繋げます。また、LOMの方向性を理解しながら一年間を取りまとめて次年度への引継ぎを円滑にし、北九州JCのさらなる魅力ある例会へと繋げます。

未来のビジョン

LOMが一つの目的を持ち、その目的のためにメンバー全員が意識を共有し、同じ方向へ進んでいくために例会は欠かすことのできない根幹を担う事業です。全メンバーが集う厳格な例会を積み重ねていくことで、より多くの同じ志を持った青年経済人や市民、行政、関係諸団体を巻き込み、まち全体で団結し、パートナーシップを強めていくことが、わがまち北九州市の明るい豊かな未来へと発展させていくと確信しています。

未分類